Monkey section

新しい自分が発見できるような予感がする

読書犬

ゴールデンウィークです。そして5月の一週目のスタートです。
僕は月の第一週目が大好きです。

「新しい自分が発見できるような予感がする」

わけなんてまったくありません。ただ雑誌の最新号が発刊されまくるからです。

趣味が読書なわけですが、小説、エッセイばかりでなく、雑誌も大好きなんです。ただ読む雑誌の種類と量がものすごくいっぱいあるので、全部購入するとお金も保管も大変なことになります。

そんなわけで、「立ち読み」です。全然関係ないけど僕がデザインするとき、レイアウトの参考にしているのは、ホームページではなくて実は雑誌なんですよね。読ませるデザインはやっぱり雑誌の方が優れているような気がします。

昔々は大好きな雑誌は購入してました(年間購読にして送ってもらってたりしたくらい)。しかし27歳のときに頑張って貯金をしてて、そのときに本当に保存したい雑誌以外は立ち読みにするようにして購入するのをやめました。ちなみに缶コーヒーを止めて、ビールを発泡酒に替えました。

でもやっぱり本屋さんには申し訳ないわけでして、結構うしろめたいので、本を買うときは適当に入った本屋さんではなくて、いっぱい立ち読みしている本屋さんを順番にして購入しています。おおきな街の大型書店だと「好きにしてくれよ」と寛大なのか諦めてるのかわかりませんが、イスが用意されていたりします(どことはいいませんが)。ちなみにアメリカだとそのまま併設のカフェに買ってない本や雑誌を持ち込んだりできます(最高です)。

このイスがご用意されている場合は、「座り読み」になるわけで、それほど罪悪感もなく、場合によっては雑誌じゃなくて、小説一冊読んでます。もちろんまた読む本だと判断すればそのままその本をカバンに忍ばせると怒られたり捕まったりするのでレジに持って行って購入します。

もし僕が将来本屋さんを営むことがあるなら、ものすごく座りごこちのよいソファを置いて、気持ちがよい天気の日はハンモックとか用意してあげます。
ハンモックは僕のためですけど。

ではでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

FaceBook

おススメ

  • 読むとなんだか自分も走れてしまう気がしてしまうけど、そーはいかない。ただ目からウロコです

  • 並行輸入版だとかなりお得です。ただしマニュアルが英語です


    日本正規品はコチラ

  • 愛犬の引っ張り癖でお困りの方、これすごいです。並んで歩けます。

お問い合わせ